まずはインプラントの体験談を聞こう

インプラント治療を受けた人の体験談を聞いて不安を解消しましょう。

rainbow

インプラント設置のための手術

インプラントをすることになった場合、まず、インプラントを設置するための土台の設置をする手術などをすることになります。
インプラントをする際には手術は必ずするものというのをまず理解しておいてください。
インプラントの手術をする方法として1回だけ手術をする方法と2回に分けて手術をするという方法があります。
一回だけ手術をする場合にはインプラント、つまり葉の土台になる部分とアバットメントを一回で取り付けるという手術です。
この場合、回数が少なくて済むので時間的に急ぐ人にとっては一つの選択肢として良いかもしれません。
ですが、本当は2回の手術で設置したほうが安定率はよくなります。
1回目の手術でインプラントのみをまず設置する方法です。
この方法は切開してあごの骨にインプラントを設置するための穴を開けます。
そしてインプラントを設置して、一度、縫って切開した部分をとじるのです。
3ヶ月から半年ぐらい期間を置いて土台がしっかりと安定してきてからアバットメントを設置する手術を2回目に行うという方法になります。
このほうが結果的にはインプラントと、あごの骨がしっかりとくっついて固定、安定していくために問題もおきにくい方法になるのです。
なのでこれらの2通りの手術方法がありますので自分がインプラントをする際にはどちらの手術方法が良いのかというのを考えておくと後々、病院を選ぶ際に判断材料になっていきます。
また、病院によって1回で手術をしますという歯科もいれば、2回に分けて手術しますという歯科もいますのでそれはカウンセリングの時に手術方法について相談をしてみるようにしましょう。
後、人によって違いがありますが、インプラントを設置する骨の部分が少ないという場合にあごの骨をインプラントの手術をするのとは別に補助的に手術する場合があります。
これらの手術をすることによってより、確実に安定してインプラントを設置できるようにということで準備することもありますので参考に覚えておくと良いです。